こだわりオヤジのウンチク

誰かの役に立つかも♪と日々の出来事などを1日1件投稿しています。

LIQUIMOKY(リキモリ)



千葉県は市原のあきです。

オイルメーカーで、
LIQUIMOLY(リキモリ)ってご存知ですか?

なんでもバイクレース、
Moto2/Moto3の全車両が採用して、
四輪でもベンツやBMWにポルシェなどが、
純正認定しているとか…

なんだがすごいとこの
ガソリン添加剤を使ってみました♪

効用は、
エンジンコーティング&クリーナー!

缶コーヒーより小さい入れ物で500円!
それをガソリンタンクへ全量入れる!

効果のほどは?!

気のせいか、
アクセルのツキが素直になったかな?
以前はもっとガサツに反応していた…

他は分からない…(汗)

ただ、アウトバーンがあるお国で、
トップシャアを誇るメーカー…

安心して時速200km以上の
巡航ができるオイルなのでしょう…

期待しても良いかもしれません…(笑)

PHS ホームアンテナ



千葉県は市原のあきです。

画像の左側は家庭用無線LANの親機で、
右側はウィルコムのホームアンテナ♪

ウィルコム?

そう!
あのPHSのウィルコムです。

実は私は古くからのPHSユーザーで、
開業した1995年から使っていました♪

20年以上も前、
携帯電話がまだアナログだった時代、

出張ばかりだった私は、
宿泊先でPHSを使って、
パソコンをネットに繋いでいました。

実はメールに始まり、
今のスマホができる事のほとんどが、
PHSから始まったんですよ。

始めるのはいつもPHS…

そんなPHSを、
ず~と使うつもりでしたが、
来年の3月で新規の受付を終了…

たくさんあった我が家のPHSも、
最後の一台を解約しました…

これでホームアンテナの役目も終わり…

サービスセンターに返却しました…

今までず~と我が家を
見守ってくれてありがとう。

お疲れ様でした…(涙)

バイクの日 2017



千葉県は市原のあきです。

10年間で4,300件のブログ記事を書いていると、
毎年恒例のものも出てきます。

8月19日は「バイクの日」

総務庁が制定した
立派な日本の記念日です♪

制定されたのは1989年!

その制定記念イベントが
神奈川は相模湖ピクニックランドで行われ、
当時の愛車CBR750で行きました♪

いつ限定解除した?は覚えていられないですが、
バイクの日制定記念に、
初の大型バイクで行ったのは覚えています。

限定解除したのはその前の1988年…
無事に大型バイク歴
29年を迎えることができました♪

これが毎年恒例に…(笑)

あと何年かな…
大型バイクに乗っていられるのは…(汗)

ジムニーシエラ 燃費と性能曲線



千葉県は市原のあきです。

画像は現在の愛車、
ジムニーシエラ(MT)君の燃費記録です。

今まで58回給油した平均燃費は、11.55km/L

最高で12.91km/L、最低は10.32km/L…

全長3.6mほどの小さい車ですが、
全長5mを超える8人乗りミニバンより…
燃費が悪いかもしれません…

その理由は小さくても重たい車体と、
大きいタイヤのせいだと思いますが、
本当のところは分かりません…

これは燃費を気にしての結果ですので、
気にしないと10km/Lに届かないかもしれません…

ご購入の際は覚悟された方が良いと思います…(汗)

それと一つ気になるのが、
MT車の低回転での扱いにくさ…

速度60キロ、5速で2,000回転…
速度50キロ、4速で2,000回転…

一般道を流している時によくある場面ですが、
2,000回転付近にトルクの谷があって、
ちょっとした傾斜でも速度が維持できず、
シフトダウンを余儀なくされます…

小まめにギアを替えるか、
ず~と3速で走るかで、
あんまり気持ち良く走れないです…

おそらくAT車にとっての2,000回転は、
すぐに飛び越えてしまう回転領域なので、
ほとんど気になることはないだろう…

画像下はシエラ君のエンジン性能曲線で、
実線が改造後で点線が改造前のノーマルです。

そのノーマルのトルクの赤い点線が、
2,000回転付近で下がっています。
データにも現れているんですねぇ…

もしかしたらシエラ君は、
AT車の方が合っているのかもしれないなぁ…(笑)

ビート 補修部品の復刻販売



千葉県は市原のあきです。

我が家のビート君は平成3年生まれの26才♪
すでに23万キロほど走っております…(笑)

いや~、ぶっちゃけ、
車やバイクはメンテさえすれば
いくらでも走りますよ…(笑)

そんなビートは次男に委ねて、
私はビート以外の車に乗っています。

違う車に乗ってつくづく感じます…

ビートほど素直で楽しい車はないなと…

ハンドル操作もペダル操作も、
車の方が勝手に加減することなく、
その反応も分かりやすく返ってくる♪

手探りでおっかなビックリじゃなくて、
ちゃんと車と分り合いながら走れる感じ♪

市販車としては、
ちょ~贅沢なミッドシップレイアウトと、
ターボには頼らない、
ほどよいパワーとレスポンスの
エンジンから生まれた賜物なんだろうなぁ~♪

とは言っても、
販売完了から20年…
欠品が目立ってきていましたが…

そこでホンダさんがやってくれました!
補修部品の復刻販売!

ユーザーあってのメーカー
やっとユーザーと向き合う気になったか…(笑)

今度はユーザーが、
メーカーの志に応える番ですね!

補修部品はバンバン替えないと…(汗)